予防歯科

PREVENTION

末永く自分の歯で噛むために

歯を失う原因としてもっとも多いのが、虫歯や歯周病。こういった歯の病気は、症状が出て初めて受診することが多いものです。
しかし、治療して機能を回復したとしても、ダメージを受けた歯は長持ちしないケースがよくあります。 ですから最近では、治療のために歯科医院を利用するのではなく、歯が痛くなる前に予防のために歯科医院(予防歯科)を利用する方が増えているのです。

歯を失う原因は"4つ"しかありません。

1.虫歯

2.歯周病

3.噛み合わせの問題(トラブル)

4.不適切な治療(医原性疾患)

  • ・不良補綴物
  • ・不良充填物
  • ・不良根管治療
  • ・予防治療を伴わない歯周治療

この4つをコントロールすることができれば、歯は失われません。

石田歯科医院の予防歯科

当院の予防歯科では、咬み合わせのチェックから生活習慣の指導まで、広い範囲で患者さんの歯の健康を保つためのアドバイスやサポートを行います。 健康な口腔内を維持するには、セルフケアであるブラッシングが大切ですが、歯科医院で予防処置を受けることも大切。予防歯科での定期検診を取り入れ、虫歯や歯周病を予防していきましょう。

3つのポイントで自分の歯を守る

初期の虫歯は痛みがほとんどありません。歯が痛くなってから治療するのでは、重度の虫歯になってしまうことも……。
重度の虫歯を防ぐために、当院では予防歯科を通じて以下のようなアドバイスをしています。虫歯予防は未来の健康なお口への投資。
将来、虫歯にならないよう生活を改めていきましょう。

1. 間食で糖分を摂取しない

糖を摂取すると、口の中は酸性に傾きます。酸はエナメル質を溶かす効果があるので、歯の表面を溶かし虫歯になりやすい状態に……。
時間がたてば酸性の状態は収まり、歯の表面は唾液の働きなどによって修復されますが、間食などで頻繁に糖分を摂取するとずっと酸性の状態が続いてしまいます。 糖分を含んだアメやガム、飲料水などは控えたほうがお口の健康のためになるでしょう。

2. 1日1回はしっかりブラッシング

中途半端な歯みがきでは歯の健康は守れません。みがき残しされた部分は、歯垢が溜まり虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。
1日1回で良いので、時間をかけてみがき残しがないように隅々までしっかり歯みがきするようにしましょう。 そのとき、できれば歯磨剤(歯磨き粉)は使わないでください。歯磨剤の泡の影響で、歯の表面がツルツルになっているのかが分かりにくくなり、みがき残しがでやすくなります。

3. 歯を接触させない

歯の接触癖の問題点

1.あらゆる歯科疾患の因子となる

2.弱い長時間の咬合力が歯と歯周組織にダメージを与える

3.無意識に行うため自覚するのが難しい

歯の接触癖を早期に解決しておくことは歯の寿命に大いに寄与します

口腔内に表れる所見

粘膜 歯の圧痕(頬粘膜咬合線、舌圧痕)
摩耗・楔状欠損・破折・動揺・ヒビ・咬合痛・視覚過敏(しみる)
歯周組織 歯周病の進行・骨隆起・歯根膜腔の拡大
補綴物 脱離・破損・穴・セラミックのチッピング・入れ歯の当たりがとれない

口腔外に表れる所見

顎骨 顎関節症・下顎頭の変形・下顎角肥大化
頭頸部 肩こり・頭痛・胸鎖乳突筋の痛み

治療方法

1.根本療法・・・行動療法

2.対症療法・・・マイオモニター、筋膜リリース

定期検診のすすめ

定期検診を受けている人と受けていない人では、50歳以降に失う歯の本数に大きな差が出るというデータがあります。痛くなる前に歯科医院に行くことはそれほど意味があるのです。

定期検診を続けることは、歯科治療に時間やお金をかけずに済み、将来もずっと自分の歯で食事や会話を楽しめることにもつながります。 当院の定期検診では、患者さんのデータを一括管理し、一人ひとりに合わせた予防プラン(施術内容や来院間隔など)を立案。 末永く自分の歯を守るため定期検診は大切ですので、積極的に受診しましょう。

担当衛生士が口腔内の変化に対応

当院では担当衛生士制を導入しています。専任で毎回同じ衛生士が患者さんを担当し、予防処置などを通して口腔内を専門的に管理し、健康維持に努めます。 定期検診時には、患者さんの口腔内のわずかな変化も見逃さず、随時適切な対応が可能です。どんなことでもお気軽にご相談いただけます。

予防プログラムについて

このプログラムは口腔内の病気を未然に防ぎ、天然歯と治療した歯に長期安定をはかるものです。
従来までの早期発見・早期治療(一次予防)という概念とは違い、病気の原因を元から断つ(0時予防)患者さんご自身が主役の治療です。

内容

カウンセリング

虫歯・歯周病の原因・治療法、現在の状況、今後の展望などをドクターが説明します。

口腔内写真撮影

術前・術後の記録を取り、歯肉の変化を確認します。

ブラッシング指導・食事制限(特に間食について)

歯ブラシの当て方・動かし方・圧力・角度など、無意識でできるようになるまで体験実習します。

歯周ポケット測定

歯周病にかかっている所がないか、その程度はどれくらいか、歯周ポケットを測り記録します。

歯石除去・歯根面清掃

目で見える歯石はもちろん、歯周ポケット内の歯根面についた歯石も可能な限り除去し、根面をきれいにします。

再評価

今までの点検(ブラッシング習慣の定着、歯石の取り残しがないか、歯周ポケットは改善したかなど)、今後の注意点をお話し、メインテナンスプログラムに移行します。