審美歯科

ESTHETIC

歯の機能と美の両立 審美歯科

審美歯科とは、単に歯の美しさだけを追求する診療科目ではありません。
歯の機能を根本から見直し、改善したうえで美しい歯を実現する診療科目です。

当院では、根管治療や歯周病治療といった口腔内の土台となる治療を、手間暇かけてしっかり行ったうえで、審美的な処置を行っています。 基礎治療が確実に築けてこそ本当の意味で審美歯科治療だと考えています。

銀歯を白く ~メタルボンドとダイレクトボンディング~

審美歯科治療ではおもに、審美性、機能性に優れたセラミックを使用しています。セラミックを用いることで、天然歯と見分けが付かない白くて美しい歯を再現できるのです。 当院では、もっとも一般的な「メタルボンド」というセラミッククラウンをおすすめしています。

メタルボンドのメリット・デメリット

メリット

・天然歯に近い審美性を再現できる

・クラウンの土台が金属なので丈夫である

・土台に使用する金属を金などの貴金属にすることでアレルギーのリスクを低減できる

デメリット

・保険適用外なので費用が高額になる

・クラウンの土台が金属のためアレルギーを引き起こすことがある

歯ぐきの黒ずみ金属アレルギーが気になる方へ

メタルボンドは一般的なクラウンとしてよく使われています。しかし、まれにクラウンの土台となる中身の金属が溶け出して金属アレルギーを引き起こすことがあります。 そのため金属アレルギーが気になる方には、土台の素材を貴金属にしたり、すべて非金属のクラウンにしたりすることで審美歯科治療を可能にします。

こちらの写真は歯ぐきの黒ずみが気になり、非金属のクラウンに再治療した患者さんの症例です。 このように、歯ぐきの黒ずみや金属アレルギーが気になる方でも、金属を使わないジルコニアという素材を使ったクラウンで対応することで、 金属アレルギーの心配なくして自然な見た目を再現できます。まずは一度ご相談ください。

ジルコニアのメリット

・審美性に優れている(光の透過性があり、天然歯のように透明感のある歯を実現できます)

・生体親和性が高い(金属アレルギーが起こりません)

・金属に匹敵する強度がある(金属と同程度の強度があり、奥歯に使用できます。また、耐久性にも優れています)

歯を白くするホワイトニング

● 歯の黄ばみが気になって、笑うことに抵抗がある

● 結婚式までにキレイな白い歯にしたい

● 歯を削らずに歯を白くしたい

そんな方におすすめなのがホワイトニングです。普段の食事や加齢などにより、歯は着色したり、変色したりします。
変色してしまった歯は、ブラッシングだけでは元の白さを取り戻せません。そのため石田歯科医院では、歯を削らずに薬剤によって歯を漂白する「ホワイトニング」をご提供しています。

石田歯科医院のホワイトニング~ホームホワイニトング~

ホワイトニングには、歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、ご自宅で行うホームホワイトニングとがあり、当院では、患者さんご自身で手軽に行えるホームホワイトニングをご提供しています。

ホームホワイトニングでは、濃度が低い薬剤を使用するため刺激が少なく、好きな時間に好きな場所で人目を気にせずに施術できるため人気のある施術法です。 効果があらわれるまでは2週間とやや長めですが、薬剤がじっくり浸透していくので長期間白い歯を維持できます。

症例紹介

術前

術後