入れ歯・
ブリッジ

DENTURE

歯を失った時の3つの選択

入れ歯・ブリッジ

当院では歯を失った時の補綴治療として、入れ歯やブリッジでの治療を行っています。患者さんのご希望と症状を踏まえ、もっともふさわしい治療をご提案させていただきます。 しっかりとしたカウンセリングを行い、患者さんに同意をいただいてから治療を開始しますので、お気軽にご相談ください。

1.ブリッジ

歯を失った場所にダミーの歯を入れるための連結型の被せ物。両隣の歯を橋(ブリッジ)の橋脚のように支えとして使い、 被せ物を両隣の歯に被せて固定します。すると歯のない場所にダミーの歯が入り、噛みやすくなって、見た目も回復します。 固定式で違和感が少ないかわりに、支えとなる両隣の歯を削って被せ物を被せなければならないのが難点ですが、長期間機能できればその欠点は相殺されます。

2.部分入れ歯

人工歯に床という歯ぐきの土手に乗っかる部分をつけ、残っている歯に部品を引っかけて固定します。 クラスプと呼ばれる針金のようなバネを引っかけるタイプや、磁石で固定するタイプなどさまざまな種類があります。1本だけの欠損で部分入れ歯を選択することはあまりありません。

3.インプラント

失った歯の根のかわりに、チタン製のネジ状の部品(インプラント体)をあごの骨の中に埋め込み、その上に人工歯を被せる方法です。 チタンの部品とあごの骨が、時間が経つと自然と結合してガッチリ固定されるので、自分の歯と同程度に噛む力や食感が回復します。自立するので、隣の歯を削ったりして支えに使う必要がありません。 但し、外科治療が必要で、治療期間がややかかることや、人工物が体内に埋め込まれること自体多少のリスクを伴うことが難点です。

当院のおすすめ入れ歯
(ミリングデンチャー)

失った歯だけでなく、口腔内をトータルに考えて作られた入れ歯。精度が高く、ずれにくいためしっかりと噛めます。 またバネ(留め金)がないので審美性に優れているうえ、装置を付けている舌触りなどの違和感がほとんどありません。残存歯にも負担をかけず安定した咀嚼機能を回復できます。

ブリッジの内側部分に入れ歯の入るスペースを確保します。

平行に削られた入れ歯のバー。

入れ歯のバーがブリッジの削り込んだ部分に隙間なくはまり、一体化すると同時に違和感が最小となる。

ミリングデンチャーのメリット

□□□□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□□□□

自分の歯を残すための補綴治療(ブリッジ)

ブリッジは、失った歯の両隣の歯を削り、それらを土台として橋を架けるように人工歯を被せて歯の機能を回復する補綴治療です。 症例写真にあるように、当院ではブリッジは、失った歯を補うだけでなく、状態のよくない歯をブリッジでつなぐことで、今残っている歯を守ることができるとも考えています。 歯周病治療の一環として、動揺している歯をつなぎとめ、ブリッジにすることによってしっかり噛めるようになります。ひいては、残存歯の保護につながります。

□□□□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□□□□

□□□□□□□□□□□□□□□

ブリッジのメリット

審美性がよい

咀嚼能率が高い

口の中での違和感が少ない

残存歯をつなぐことによって、噛む力を分散できる

補綴装置の持続率

素材 持続年数 保険診療の場合の持続率 自費診療の場合の持続率
クラウン 10年 55% 95%
ブリッジ 30% 90%
インレー 68% 97%(金合金インレー)
91%(セラミックインレー)
インプラント 保険適用なし 90%
部分入れ歯 5年 40% 63%

症例紹介

症例(○○代 男性)

  • BEFORE

  • AFTER