コンセプト

CONCEPT

石田歯科医院の治療方針

石田歯科医院の治療方針

どんなに高度な治療を受けても、一度ダメージを受けた歯は天然歯に勝ることはありません。 当院では患者さんの歯を守ることを第一に考え、その場しのぎの治療を避け、主訴だけではなく口腔全体を考えた包括的治療や予防処置を大切にしています。 そのため、患者さん一人ひとりの口腔内の長期安定を考え「基礎治療」をしっかり行うことを基本方針としています。

治療前にはインフォームドコンセントを重視したカウンセリングを実施。患者さんの主訴やご要望にきちんと耳を傾け、患者さんと一緒に、納得できる治療プランを立案します。 プライバシーを確保したカウンセリングルームにて行いますので、安心してどんなことでもご相談ください。

また、当院では担当衛生士制を設け、患者さん一人ひとりに専任の衛生士が担当し、予防に取り組んでいます。治療と並行して衛生士による予防処置や生活習慣改善などの指導を実施。 主訴の治療だけで終わらせず、治療後のお口の健康維持のため、定期検診による予防処置や再発防止の処置などもおすすめしています。

院長紹介

院長 石田 徹

1955年東京に生まれる

1980年日本大学歯学部卒

1983年新宿区新大久保にて開業

1985年目白に移転 現在に至る

ごあいさつ

「 天然歯を守る 」

どんなに治療が発達しても、自分の歯(天然歯)に勝るものはありません。生涯、自分の歯で食事ができることは、どなたも願っていることです。
病気で傷んだ歯を、できるだけ抜かずにすむならあらゆる手段で対応します。

歯を失う原因となるものは4つしかありません。

1.虫歯

2.歯周病

3.不良な治療

4.咬み合わせの不具合

この4つさえ対策ができれば、いつまでも口の中は健康に保つことができます。

功績・実績

おもな論文

歯科用語あれこれ:クインテッセンスジャーナル 1984年4月4号

メインテナンスを考慮したクラウンの歯冠形態:補綴臨床Vol.20 No.1 1987年1月号

レジンプロビジョナルレストレーションの方法:補綴臨床Vol.20 No.5 1987年9月号

歯考会のケースプレゼンテーション:補綴臨床Vol.22 No.5 1989年5月号

テンポラリーレストレーションをどう作る:補綴臨床別刷 1989年11月号

不安と共に経過を見守る重度歯周疾患症例の5年後:補綴臨床Vol.23 No.2 1990年3月号

重度歯周病に加えアンバランスなオクルージョンを有する症例にクロスアーチスプリントで対応したケース:歯科技工Vol.19 No.11 1991年1月号

講演

練馬保健所、歯周病予防教室1989年

福井県歯科医師会1991年5月

歯科技工士生涯研修会1991年7月JR東京総合病院

JPC学術公演会1993年4月中野サンプラザ

趣味

サッカー&フットサル

ドローイング&ペインティング

現代美術家「大竹伸朗」の絵画収集

副院長紹介

副院長 石田 譲

2013年鶴見大学卒

2014年石田歯科 勤務

功績・実績

おもな論文

ザ・クインテッセンス:2019年 1月号、2月号

見えなかったが見えるシリーズ:連載 「CBCTを根管治療に応用するための5つのポイント」

講演

2020年8月 (株)モリタ ミラーテクニックの基礎

2020年11月 (株)モリタ マイクロビギナーのためのミラーテクニック

その他

各大学や歯科医師向けセミナーにて、インストラクターとして参加

所属

IDP 講師

Tip Edge 矯正研究会

日本口腔インプラント学会

日本歯周病学会