精密治療

BITE

マイクロスコープを使った精密な治療

石田歯科医院では、診療にマイクロスコープを導入しています。対象を最大20倍に拡大できるマイクロスコープをさまざまシーンで活用することで、より高品質な治療を実現できています。 こちらではマイクロスコープを使用するメリット、当院での活用方法などをご紹介します。

マイクロスコープとは?

マイクロスコープとは、手術用顕微鏡のことです。患部を最大20倍まで拡大して見ることができるので、暗く・狭い歯内を格段に見やすくしてくれます。 肉眼では見えない細部も、マイクロスコープを使うことでしっかりと確認することができ、従来の歯科医師の経験や技量、勘による治療ではなく、精密で確実な治療が行えるのです。

当院では、根管治療だけではなく矯正治療以外全ての治療にマイクロスコープを使用しています。

マイクロスコープによる歯科治療のメリット

診断・治療の正確性が上がる

患部を手探りや推測で治療するのではなく、しっかりと対象を拡大して見ることができるので、迅速で精確な診査・診断につながります。
また、迷いやミスの少ない治療が行えるため、治療も無駄なくスピーディに進められます。

診療精度が向上する

肉眼で見えなかった部分まで見えるということは、根管内部や虫歯なども精確に識別できます。 また、虫歯が起こりやすい、詰め物・被せ物の微細なズレや隙間もしっかり確認できます。 そのため、ごく初期段階の小さな虫歯や歯周組織の病変に早い段階で対処でき、お口全体の健康維持が効果的に行えます。

診療精度が向上する

当院で導入しているマイクロスコープにはCCDカメラを取り付けており、治療中だけでなく、治療前後の画像・映像をモニターに映し出して見ることができます。 治療について患者様にご説明しやすく、記録としても大変便利に活用できます。これまで患者様に手鏡で見ていただくのには限界がありましたが、 大きくモニターで確認できるため、治療の経過や効果をご理解いただけるようになっています。

マイクロスコープでできる歯科治療

大きな虫歯を除去後、神経を保存

マイクロスコープを用いて拡大視野下で虫歯の治療を行うので、無駄な歯質を削ることなく、的確に虫歯を除去することができ、歯髄を保存することができる可能性が高くなります。

パーフォレーションリペアをし、歯を保存

他院にて根の治療を何回も繰り返し行われていて、抜歯と診断された歯を保存。レントゲン上で不透過性が高まっており骨が再生されているのが認められます。

歯石除去

歯石は歯根表面に付着する為、歯周ポケット(歯と歯茎の間の隙間)にも入り込んで歯根表面にこびりついていることがあります。

見えにくいところである為、肉眼やルーペの治療になると必要に応じて歯肉を切開するなどの処置が必要でしたが、 マイクロスコープを使用することにより歯肉を切開することなく、低侵襲性に歯石を除去できるようになっています。

マイクロスコープでの低侵襲治療

「歯を削る」を最小限に

マイクロスコープ治療を行うと、正常な組織と虫歯組織との境目が分かりやすくなりますので、削る部分を最小限に抑えることができます。

「歯を抜く」を最小限に

根管治療ではマイクロスコープ精密治療の効果が発揮されます。
マイクロスコープ治療によって根管治療の精度が増すことで抜歯や再発リスクを軽減できます。

マイクロスコープを使用している歯科医院は、全体の10%程

日本の歯科医院の数はおよそ7万軒あり、その数はコンビニの2倍以上にもなります。こんなにも多くの歯科医院がありますが、 その中で歯科用マイクロスコープを用いている歯科医院は、わずか10%程です。20歯科医院で1医院以下という数が現状です。 さらに使いこないしている医師は少ないです。