目白駅近くの歯医者・石田歯科医院の予防歯科をご紹介します。

予防歯科

将来も自分の歯を残すために

末永く自分の歯で噛むために

歯を失う原因としてもっとも多いのが、虫歯や歯周病。こういった歯の病気は、症状が出て初めて受診することが多いものです。しかし、治療して機能を回復したとしても、ダメージを受けた歯は長持ちしないケースがよくあります。ですから最近では、治療のために歯科医院を利用するのではなく、歯が痛くなる前に予防のために歯科医院(予防歯科)を利用する方が増えているのです。

当院の予防歯科では、咬み合わせのチェックから生活習慣の指導まで、広い範囲で患者さんの歯の健康を保つためのアドバイスやサポートを行います。健康な口腔内を維持するには、セルフケアであるブラッシングが大切ですが、歯科医院で予防処置を受けることも大切。予防歯科での定期検診を取り入れ、虫歯や歯周病を予防していきましょう。

3つのポイントで自分の歯を守る

初期の虫歯は痛みがほとんどありません。歯が痛くなってから治療するのでは、重度の虫歯になってしまうことも……。重度の虫歯を防ぐために、当院では予防歯科を通じて以下のようなアドバイスをしています。虫歯予防は未来の健康なお口への投資。将来、虫歯にならないよう生活を改めていきましょう。

1. 間食で糖分を摂取しない

1. 間食で糖分を摂取しない

糖を摂取すると、口の中は酸性に傾きます。酸はエナメル質を溶かす効果があるので、歯の表面を溶かし虫歯になりやすい状態に……。時間がたてば酸性の状態は収まり、歯の表面は唾液の働きなどによって修復されますが、間食などで頻繁に糖分を摂取するとずっと酸性の状態が続いてしまいます。糖分を含んだアメやガム、飲料水などは控えたほうがお口の健康のためになるでしょう。

2. 1日1回はしっかりブラッシング

2. 1日1回はしっかりブラッシング

中途半端な歯みがきでは歯の健康は守れません。みがき残しされた部分は、歯垢が溜まり虫歯や歯周病になりやすくなってしまいます。1日1回で良いので、時間をかけてみがき残しがないように隅々までしっかり歯みがきするようにしましょう。そのとき、できれば歯磨剤(歯磨き粉)は使わないでください。歯磨剤の泡の影響で、歯の表面がツルツルになっているのかが分かりにくくなり、みがき残しがでやすくなります。

3. 歯を噛みしめない

3. 歯を噛みしめない

歯を噛みしめると、「歯が摩耗する」「歯が折れる」「痛みを感じる」「歯周病が悪化する」といった歯への悪影響を引き起こす恐れがあります。さらに、悪影響は歯だけにとどまらず「首のコリ」「肩コリ」「顎関節症」「筋緊張型頭痛」などの原因になることも。ふとしたときに噛みしめる癖がないか自己チェックをするようにしましょう。

定期検診のすすめ

定期検診のすすめ

定期検診を受けている人と受けていない人では、50歳以降に失う歯の本数に大きな差が出るというデータがあります。痛くなる前に歯科医院に行くことはそれほど意味があるのです。

定期検診を続けることは、歯科治療に時間やお金をかけずに済み、将来もずっと自分の歯で食事や会話を楽しめることにもつながります。当院の定期検診では、患者さんのデータを一括管理し、一人ひとりに合わせた予防プラン(施術内容や来院間隔など)を立案。末永く自分の歯を守るため定期検診は大切ですので、積極的に受診しましょう。

担当衛生士が口腔内の変化に対応

当院では担当衛生士制を導入しています。専任で毎回同じ衛生士が患者さんを担当し、予防処置などを通して口腔内を専門的に管理し、健康維持に努めます。定期検診時には、患者さんの口腔内のわずかな変化も見逃さず、随時適切な対応が可能です。どんなことでもお気軽にご相談いただけます。

石田歯科医院の予防処置

ブラッシング指導

ブラッシング指導

日頃から正しいブラッシングやプラークコントロールをすることで、効果的な虫歯・歯周病予防ができます。しかし、どんなに丁寧にブラッシングしていても、自己流のブラッシング法では磨き残しがあったり、力加減が適切でなかったりする場合があります。

ブラッシング指導では、自己流の磨き方の問題点や癖を改善していただき、適切なブラッシング法を身に付けていただくことを目的としています。当院では担当衛生士が患者さんの口腔内をしっかり把握し、どのような点に気を付けてブラッシングすればいいのかを指導します。

PMTC

PMTC

たとえ適切なブラッシングをしていても、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間のプラークは完全に除去しきれないものです。このようにセルフケアだけでは除去不可能なプラークを、専門の機械で徹底的にクリーニングするのが、PMTC。PMTC後の歯はツルツルになり、プラークが付きにくくなります。

食生活に関して

食生活に関して

虫歯になるのは食べ物の質と食べ方が問題です。砂糖を多く含んだ物を一日中だらだらと食べていると、常に口の中が虫歯になりやすい環境になります。食事や間食などは時間を決めて取るようになど、虫歯や歯周病にならない食生活の指導も行っておりますので、お気軽にご相談ください。