目白駅近くの歯医者・石田歯科医院の一般歯科をご紹介します。

一般歯科

長期安定する虫歯治療をご提供

石田歯科医院の一般歯科

石田歯科医院の一般歯科

一般歯科ではおもに虫歯治療を行っています。虫歯治療によって歯の機能を回復できますが、どんなに高度な技術を持ってしても、天然歯に勝ることはありません。そのため当院ではできるだけ天然歯を残せるよう、なるべく抜かない虫歯治療を行っています。もちろん痛みを最小限に抑えた治療を心掛けていますので、安心してお任せください。

また、当院では治療はもとより予防にも注力しています。自分の歯を長期にわたって安定させるため、保険診療・自費診療問わずしっかりとした基礎治療を行い、その後は正しいセルフケアの指導と定期検診での予防処置により、治療後の健康維持をサポートしていきます。

虫歯について

虫歯は、プラークに棲むミュータンス菌などの虫歯菌が、飲食物に含まれる糖分を栄養にして酸を出し歯を溶かす病気です。溶けてしまった歯は自然治癒することはなく、放置すれば悪化します。ここでは虫歯の進行レベルとその治療法をご紹介します。虫歯に対する意識を高め、予防に役立てましょう。

虫歯の進行レベル

進行レベル 症状・治療法

C0:脱灰

C0:脱灰

初期の状態。歯の表面のエナメル質が溶けはじめ、白濁します。痛みなどの自覚症状はありません。この段階であれば、適切なブラッシングやフッ素塗布と砂糖摂取制限で治癒します。

C1:エナメル質の虫歯

C1:エナメル質の虫歯

虫歯が進行し、エナメル質が溶け出している状態。歯のツヤがなくなり黒っぽく見えますが、まだ痛みはありません。治療は、茶色くなったところを削り、レジンなどのインレー(詰めもの)で保護します。

C2:象牙質の虫歯

C2:象牙質の虫歯

穴がだんだん大きくなり、エナメル質の内側にある象牙質にまで達した状態。冷たいものや甘いものがしみます。治療は、虫歯を削ってインレーで保護します。症状によっては型採りをしてクラウン(被せもの)で保護することもあります。

C3:神経に達した虫歯

C3:神経に達した虫歯

大きく穴があき、象牙質の内部にある神経にまで達した状態。何もしなくても強く痛みます。治療は、歯を大きく削り神経を除去(根管治療)、最後にクラウンを被せて保護します。

C4:歯根に達した虫歯

C4:歯根に達した虫歯

末期の状態です。歯根だけが残り、神経が壊死するため痛みはなくなりますが、膿がたまって再び強く痛むことがあります。この段階にまで達すると、抜歯が必要になり、その後は入れ歯などの補綴治療で歯を補う必要があります。

部分矯正で機能性の回復を

咬み合わせや歯ならびが悪いと、見た目が悪いだけでなく噛む機能も低下します。本来であれば矯正治療を行えばいいのですが、なかには一部分だけの治療で済むことがあります。それが部分矯正。当院では、治療が必要な歯だけを矯正できる部分矯正を行っています。

部分矯正は部分的に動かしたい歯だけを矯正する治療法であるため、治療期間を短縮でき手軽に治療ができます。すきっ歯や傾いた歯を整えるなどして、正常な咬み合わせを回復します。

術前

術中

術後

術前

術前

術中

術中

術後

術後

傾いた歯が整直した後にブリッジが入りました。

より長持ちする虫歯治療

当院では患者さんの立場に立ち治療後の長期的安定を考え、保険診療ではなく自費診療による歯科治療(審美歯科治療)をおすすめする場合があります。

虫歯治療は保険診療でも充分に機能を回復できますが、症例によっては自費診療を採用したほうが治療の質を向上させることができ、長い目で見てメリットがあるケースが多々あります。

その代表的なものが、セラミックによるインレーやクラウンです。劣化や変色がなく長期的に使用でき、金属アレルギーの心配がありません。さらに、見た目も天然歯に近く、美しい仕上がりになります。

当院では患者さんの症状やご要望に添って、メリットのある治療をご提供したいと考え、自費素材を用いた虫歯治療を推奨しています。